みやめも2.0

思考のメモ書き

【スポンサーリンク】

核兵器の輸送は一笑に付すべき空論か。8/7予算委から

※2015/08/08に書いた引っ越し前の記事です

 

昨日の予算委員会で、民主党山井和則議員と安倍首相との間で気になるやり取りがあったので検討してみます。

前日の広島平和記念式典で首相が非核三原則に触れなかったことについて追及した山井氏は、続いて今回の安保法案では核兵器の輸送が法律上可能であるという話題に移りました。youtube等に動画があがっているので見ていただけるといいのですが、それぞれの主張を簡単にまとめると以下のようなやり取りになります。

山井「今回の安保法案では、法律上核兵器の輸送も可能であり、これは先日中谷防衛相なども認めたことだ。首相はどう認識しているか。」

安倍「政策的にありえない話についていちいち言及する必要はないだろう。非核三原則は国是であり、核兵器の輸送は120%ありえない。」

山井「ありえないというのであれば禁止する旨を法律に明記すべきだ。法律上可能である以上、あなたがやらなくても今後の政権がやるかもしれない。」

安倍「そもそも大前提としてありえないのだから、核兵器の輸送は選択肢として扱われない。選択肢として扱わないものを明記する必要はない。それはこれまでの周辺事態法でも同じだったではないか。」


まぁだいたいこんな感じでした。結構意訳してます。
さて、このやり取りで鍵を握るのは、首相の「そもそもありえない」という主張です。これが正しいか否かが、今回のやりとりでどちらに正当性が有るのかを左右します。選択肢、すなわちケースの想定は、考えようとすればいくらでもつくりだせます。法律は憲法に比べより具体的に明記する必要があるものですが、馬鹿げた選択肢までいちいち明記してもキリがないし意味も薄いわけです。
安倍首相は日本が核兵器を輸送するということを、この馬鹿げた選択肢にあたるとして明記の不必要性を訴えたわけですね。
では核兵器の輸送は本当に明記する必要のない馬鹿げた選択肢なのかを考えなければいけないわけですが、ここで押さえておかなくてはならないポイントがあります。


僕は今回の国会でのやり取りを聞いていて、上に赤字で示した部分を首相が発言した際、途端に山井氏の主張が苦しいものに感じられてきました。なぜならこれまでも全く明記していなかったという事実は、少なくとも今回のケースでは不必要性の裏付けとしてかなりの役割を果たすからです。僕は個人的に自衛隊の活動がどんどんフリーハンドになっていくことを遺憾に思っていますが、今回ばかりはその場で首相の言い分を否定できないなと思いました。
しかしこの時、なんだか怪しいとも思ったのです。こんな手前の条件で今更つまずくか?と。首相があまりにもハッキリと、それも繰り返し断言するものだからなるほどと思ってしまったけれど、なにかトリックがあるのでは?と違和感を覚えたわけです。だから現行の法と改正案を調べて比較してみました。

内閣官房HPの対照表周辺事態法をみてみます。すると…

スクリーンショット (3)

上の段が改正案、下の段が現行法です。
備考の欄を見てください。上は色々とスッキリしていますが、下に似たような文がありますね。しかし全く同じではありません。赤で線を引いた「弾薬を含む」という部分が消えています。これはどういうことか。

この記事をご覧ください。中谷防衛相は「武器」「弾薬」の定義について、ミサイルは「武器」ではなく「弾薬」にあたるとの見解を示しており、この理屈で言うと当然核兵器も弾薬に当たります。

つまり、「弾薬を含む」という文面によってこれまでの周辺事態法では核兵器の輸送をきちんと縛っていたんですね。なので、首相のいうようにこれまでもわざわざ法律で禁じていなかったかというと全くそんなことは無かったわけです。

そう考えると、「自民党は法改正で核兵器を輸送できるようにした」という、一見すると大袈裟な主張もあながち間違いではないことがわかります。これまでの核を巡る対米従属的な文脈を考えると、むしろかなり怪しいです。


これらを踏まえて、本当に法案に明記する必要がないのかどうか…結論を出すのはそれぞれですが、アメリカのケツを舐めて地位を確保するわけでもないわれわれ国民からすれば縛った方が安心なのは間違いないでしょうね。

【スポンサーリンク】